減らせ内臓脂肪!糖尿病と合併症>糖尿病性神経障害
 内臓脂肪は落ちやすい 基礎代謝と物質代謝

糖尿病性神経障害

糖尿病で高血糖状態が長く続くと体の様々な臓器に不具合を生じる合併症を引き起こします。

糖尿病の合併症には短期間で死亡する急性合併症と時間をかけて進行する慢性合併症があります。

糖尿病と合併症
 ・糖尿病と合併症
 ・慢性合併症
 ・急性合併症


糖尿病性神経障害は合併症の中でも比較的早い時期に発症し手足の痺れや痛み、立ちくらみ、胃腸障害など前進に様々な症状を引き起こします。

高血糖による末梢神経の伝達作用に障害が起こり手足の痺れや痛み、立ちくらみ、内臓の不具合など様々な症状をもたらします。

日常生活に支障をきたすだけでなく進行すると絶えず激しい痛みに悩まされたり神経が麻痺して痛みを感じなくなります。

無痛性の心筋梗塞や無自覚の低血糖から突然死を起こす事もあります。


人間の神経は脳と脊髄で構成され枝分かれし末梢神経に大別できます。末梢神経は知覚神経、運動神経、自律神経に分かれています。

糖尿病による高血糖は末梢神経の細胞をおかし、知覚、運動、自律神経が調節している体の各部に不調をおこします。


自律神経は血圧や体温の調節、心臓や胃腸の働きを調節しています。

自律神経に障害が出ると調節が上手に出来ないため異常に汗をかいたり冷えや火照りが起こったりします。

便秘、下痢を繰り返す、排尿が上手くいかない、立ちくらみがするなどに症状が出たりもします。


知覚神経と運動神経の障害は糖尿病の早い時期からあらわれます。

主な症状は手や足がしびれたり、傷み、熱さ、冷たさに鈍感になる、ふくらはぎの筋肉がつる、筋力が低下するなどが上げられます。

これらの症状は上半身よりも下半身に、活動時よりも睡眠中に起こりやすい特徴があります。





ページのTOPに戻る

糖尿病と合併症
 ・糖尿病と合併症
 ・慢性合併症
 ・急性合併症
 ・糖尿病性網膜症
 ・糖尿病腎症
 ・糖尿病性神経障害
 ・動脈硬化
 ・白内障
 ・緑内障
 ・様々な感染症


スポンサードリンク




内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。