減らせ内臓脂肪!ダイエット情報>あなたの標準体重

あなたの標準体重

肥満であるかどうかを考える時慎重を元に標準体重を割りだし比較する事が基本になります。

もっとも健康であると考えられているのがBMI方式による標準体重です。

肥満かどうかを判断するには体の中の脂肪の量(体脂肪量)をはかることが必要です。

しかし全身の体脂肪の量を測定するには大掛かりな装置が必要になり簡単には出来ません。

肥満の測定として最も一般的に用いられるのが身長から標準体重を割り出して現在の体重と比較する方法です。

標準体重の求め方はいろいろありますが、世界中で広く使われているのがBMI体格指数にもとずいた標準体重を割り出す方法です。

計算方法は体重を身長の2乗で割った数値です。

自動で計算が出来るホームページはこちらです。


標準体重とはもっとも病気になりにくい体重の目安です。

BMIの数値と病気の発症率とは深い関係性があります。BMIの数値がほぼ22を保っている時は病気になる確率が最も低くなります。

BMIが22になる体重が標準体重と定めラレ手いる理由は最も病気になりにくい体重の目安なのです。

体重が標準体重をオーバーしていくと高血圧や糖尿病など生活習慣病を発症する確立が高くなると考えられます。


標準体重と肥満
自分の体重が標準体重でも100%安心というわけではありません。体重も見た目も太っていないのに体脂肪量が多い人がいるからです。

体の構成成分のうち脂肪の占める割合が多くその分たんぱく質やミネラル糖質などほかの成分の割合が低くなっていると考えられます。

肥満は体脂肪量が多すぎる状態をいうので、標準体重でも体の構成成分のうち脂肪の占める割合が多い人は医学的に肥満ということになります。


ダイエットの素朴な疑問





ページのTOPに戻る

ダイエットの基礎知識
 ・肥満の状態
 ・あなたの標準体重
 ・肥満の判定
 ・肥満のタイプ
 ・体脂肪とは

肥満と生活習慣
 ・肥満と生活習慣病
 ・内臓脂肪型肥満
 ・肥満症と治療

肥満と病気
 ・肥満と糖尿病
 ・肥満と高脂血症
 ・肥満と脂肪肝
 ・肥満と高血圧
 ・肥満と動脈硬化

肥満の原因
 ・肥満の原因
 ・エネルギーの消費
 ・食事内容と食べ方
 ・朝食とまとめ食い
 ・ストレスと肥満
 ・お酒と肥満
 ・生活と運動量
 ・肥満と生活習慣

ダイエット計画
 ・ダイエットの目的
 ・無理のない計画
 ・食事と運動
 ・太りにくい生活習慣
 ・ダイエット継続のコツ
 ・体重が減らないとき
 ・間違いダイエット

運動とダイエット
 ・運動の効果
 ・ダイエットの運動
 ・運動の量
 ・生活と運動
 ・運動と健康状態
 
食事とダイエット
 ・食事の基本
 ・栄養とダイエット
 ・食べ物選びのコツ
 ・料理方法とエネルギー
 ・料理のかさまし
 ・食事のリズム
 ・晩酌とダイエット

ダイエット体験
 ・夕食キャベツダイエット体験

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報

豆乳クッキーで朝食ダイエット
時間の無い時でも簡単に食べる事が出来るので朝食にぴったりのダイエット食品です。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。