減らせ内臓脂肪!ダイエット情報>エネルギーの消費

エネルギーの消費

私達は食べ物を食べてエネルギーをとりエネルギーを使って生活しています。エネルギーの摂取と消費のバランスが体脂肪の量を決めます。

摂取量が消費量を上回れば脂肪として溜め込まれていきます。

通常はエネルギー収支のバランスが取れていて体脂肪の量は大きく変わることがなく一定の体重が保たれています。

大食してエネルギーの摂取量が多くなり消費量を上回ればあまったエネルギーは体脂肪として体に蓄積され肥満になっていきます。





大食をしなくても消費エネルギーが少なく摂取量が消費量を上回ればあまったエネルギーは体脂肪に変わります。

必要なエネルギー量は人によって違いますが必要以上にエネルギーをとると肥満になります。

肥満を解消するためには、脂肪の消費量を上げて蓄えた脂肪を消費するしかありません。


私たちの食欲をコントロールしているのは脳で必要なだけ食べるようになっています。

空腹感が食べる事を促し食べると満腹感がストップをかけます。

この仕組みがきちんと働いていれば肥満は起こらないはずですが私達は体が必要としている以上に食べ過ぎてしまいます。


年齢が上がるにつけ消費エネルギーは少なくなります。

消費エネルギーは運動や生活活動によって使われるエネルギーばかりではありません。

消費エネルギーの大半は基礎代謝が占めています。

基礎代謝とは呼吸や心臓など生きていくために使われるエネルギーで安静にしていても消費されていきます。

基礎代謝は年齢が上がるにつけ低下するため消費されるエネルギーも低下していきます。

歳をとるとともに消費エネルギーが落ちていくのは普通の事です。それなのに若い時と同じように食べていればエネルギーのとり過ぎになり体脂肪がたまってくるのは当然です。

基礎代謝をあげてエネルギーを消費しやすい体にすることが大切です。 


病気が起こる前に肥満解消に取り組みましょう。


ダイエットの素朴な疑問






ページのTOPに戻る

ダイエットの基礎知識
 ・肥満の状態
 ・あなたの標準体重
 ・肥満の判定
 ・肥満のタイプ
 ・体脂肪とは

肥満と生活習慣
 ・肥満と生活習慣病
 ・内臓脂肪型肥満
 ・肥満症と治療

肥満と病気
 ・肥満と糖尿病
 ・肥満と高脂血症
 ・肥満と脂肪肝
 ・肥満と高血圧
 ・肥満と動脈硬化

肥満の原因
 ・肥満の原因
 ・エネルギーの消費
 ・食事内容と食べ方
 ・朝食とまとめ食い
 ・ストレスと肥満
 ・お酒と肥満
 ・生活と運動量
 ・肥満と生活習慣

ダイエット計画
 ・ダイエットの目的
 ・無理のない計画
 ・食事と運動
 ・太りにくい生活習慣
 ・ダイエット継続のコツ
 ・体重が減らないとき
 ・間違いダイエット

運動とダイエット
 ・運動の効果
 ・ダイエットの運動
 ・運動の量
 ・生活と運動
 ・運動と健康状態
 
食事とダイエット
 ・食事の基本
 ・栄養とダイエット
 ・食べ物選びのコツ
 ・料理方法とエネルギー
 ・料理のかさまし
 ・食事のリズム
 ・晩酌とダイエット

ダイエット体験
 ・夕食キャベツダイエット体験

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報

豆乳クッキーで朝食ダイエット
時間の無い時でも簡単に食べる事が出来るので朝食にぴったりのダイエット食品です。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。