減らせ内臓脂肪!ダイエット情報>ダイエットの運動

ダイエットの運動

ダイエットのためには有酸素運動が効果的です。





無酸素運動は息を止めて行う運動で重量上げや100メートル競走などです。無酸素運動では酸素を使わないで体の中の糖質を燃焼してエネルギーを得ています。

有酸素運動は充分な呼吸で沢山の酸素を取り込みながら行う運動の事です。ジョギング、水泳、サイクリングなどがそうです。

有酸素運動は体の中に取り込んだ酸素で糖質と脂質を分解してエネルギーに変えます。

脂質が分解されるという点で有酸素運動は、無酸素運動よりもダイエット効果が高いといえます。

有酸素運動は長く続けることで全身の持久力、スタミナを増進するだけでなく心臓や血管系の病気予防にも効果があります。


筋力トレーニングも取り入れてみましょう。
有酸素運動と一緒に筋力トレーニングとストレッチ体操も運動のメニューにくわえるようにしましょう。

体をスムーズに動かすためにはある程度の筋力が必要です。

筋力が低下していると姿勢が悪くなったり関節に負担がかかって肩こりや腰痛、膝の痛みなどを起こしやすくなります。

特に肥満の人はおもい体重を支えるために関節に大きな負担がかかるのでなおさらです。

筋肉が硬くなっていると体の動きが悪くなるので全身の筋肉を伸ばして柔らかくするストレッチ運動も一緒に行いましょう。


運動は無理なく出来るものが理想です。
肥満の人は疲れる、たいへんそうなどの理由で運動を敬遠しがちです。しかし太っていても出来る運動もあります。

運動は続けることが大切なので生活の中に上手に取り込めるものが理想です。自分の趣味に合うものを選ぶようにしましょう。

運動経験がなくて自分に何が向いているかわからない人はまずウォーキングから始める事をお奨めします。

外出できない人は自宅用のトレーニング効きなどを利用して運動に取り組むと良いでしょう。

病気が起こる前に肥満解消に取り組みましょう。


ダイエットの素朴な疑問






ページのTOPに戻る

ダイエットの基礎知識
 ・肥満の状態
 ・あなたの標準体重
 ・肥満の判定
 ・肥満のタイプ
 ・体脂肪とは

肥満と生活習慣
 ・肥満と生活習慣病
 ・内臓脂肪型肥満
 ・肥満症と治療

肥満と病気
 ・肥満と糖尿病
 ・肥満と高脂血症
 ・肥満と脂肪肝
 ・肥満と高血圧
 ・肥満と動脈硬化

肥満の原因
 ・肥満の原因
 ・エネルギーの消費
 ・食事内容と食べ方
 ・朝食とまとめ食い
 ・ストレスと肥満
 ・お酒と肥満
 ・生活と運動量
 ・肥満と生活習慣

ダイエット計画
 ・ダイエットの目的
 ・無理のない計画
 ・食事と運動
 ・太りにくい生活習慣
 ・ダイエット継続のコツ
 ・体重が減らないとき
 ・間違いダイエット

運動とダイエット
 ・運動の効果
 ・ダイエットの運動
 ・運動の量
 ・生活と運動
 ・運動と健康状態
 
食事とダイエット
 ・食事の基本
 ・栄養とダイエット
 ・食べ物選びのコツ
 ・料理方法とエネルギー
 ・料理のかさまし
 ・食事のリズム
 ・晩酌とダイエット

ダイエット体験
 ・夕食キャベツダイエット体験

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報

豆乳クッキーで朝食ダイエット
時間の無い時でも簡単に食べる事が出来るので朝食にぴったりのダイエット食品です。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。