減らせ内臓脂肪!ダイエット情報>食べ物選びのコツ

食べ物選びのコツ

エネルギーを抑えると食事が物足りなくなり寂しくなります。しかし食品選びを工夫すればバラエティー豊かにボリュームアップできます。





食事の基本はご飯を中心に考える事です。ご飯は太ると思いがちですがパンのようにバターをつけたりせずに食べる事が出来るのでエネルギーが低くなります。

パンよりも腹持ちが良いのでダイエット中の主食にピッタリです。

ご飯はタンパクでどんなおかずにも合うので栄養バランスの取れたメニューを組みやすくなります。

おかずの肉や魚は高たんぱく低脂肪の物を選ぶことがポイントです。

同じ肉類でも牛肉、豚肉、鶏肉では栄養価が違います。部位によってもたんぱく質と脂質の割合が違いカロリーも大きな差があります。

ダイエット中はモモ肉やヒレ肉を選ぶようにしましょう。鶏肉ならささ身が一番お奨めです。

魚はヒラメやカレイなどの白身魚、アサリなどの貝類、イカ、タコ、海老などが高たんぱく低脂肪なのでダイエット向きです。

牛乳やマーガリン、ドレッシングな日常で使っている食品も低脂肪、低糖類のものに変えればエネルギーを抑えることが出来ます。

ビタミンやミネラルは主に副菜として野菜類、海藻類、きのこ類、コンニャク類から補給します。

牛乳や肉類、魚介類に多く含まれるビタミン、ミネラルもありますがこれらは脂肪なども多く含まれるので量をとることが出来ません。

野菜はビタミン、ミネラルが豊富に含まれ低カロリーなので積極的にとるようにしましょう。

緑黄色野菜にはビタミンAやB群のほか鉄、カルシウムなども豊富に含まれています。

海藻やきのこ、コンニャクはほとんどノンカロリーでビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含んでいるのでダイエット食にピッタリです。


病気が起こる前に肥満解消に取り組みましょう。


ダイエットの素朴な疑問






ページのTOPに戻る

ダイエットの基礎知識
 ・肥満の状態
 ・あなたの標準体重
 ・肥満の判定
 ・肥満のタイプ
 ・体脂肪とは

肥満と生活習慣
 ・肥満と生活習慣病
 ・内臓脂肪型肥満
 ・肥満症と治療

肥満と病気
 ・肥満と糖尿病
 ・肥満と高脂血症
 ・肥満と脂肪肝
 ・肥満と高血圧
 ・肥満と動脈硬化

肥満の原因
 ・肥満の原因
 ・エネルギーの消費
 ・食事内容と食べ方
 ・朝食とまとめ食い
 ・ストレスと肥満
 ・お酒と肥満
 ・生活と運動量
 ・肥満と生活習慣

ダイエット計画
 ・ダイエットの目的
 ・無理のない計画
 ・食事と運動
 ・太りにくい生活習慣
 ・ダイエット継続のコツ
 ・体重が減らないとき
 ・間違いダイエット

運動とダイエット
 ・運動の効果
 ・ダイエットの運動
 ・運動の量
 ・生活と運動
 ・運動と健康状態
 
食事とダイエット
 ・食事の基本
 ・栄養とダイエット
 ・食べ物選びのコツ
 ・料理方法とエネルギー
 ・料理のかさまし
 ・食事のリズム
 ・晩酌とダイエット

ダイエット体験
 ・夕食キャベツダイエット体験

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報

豆乳クッキーで朝食ダイエット
時間の無い時でも簡単に食べる事が出来るので朝食にぴったりのダイエット食品です。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。