減らせ内臓脂肪!ダイエット情報>料理方法とエネルギー

料理方法とエネルギー

料理のエネルギーを抑えるためには素材の脂肪分を落として料理の家庭で脂や超無料のエネルギーをなるべく加えないことがポイントになります。





同じ素材を使っても料理の仕方でエネルギーはかなり違います。

脂を使って揚げる、炒める料理よりもゆでる、蒸す、焼く、煮る料理の方が低カロリーに出来ます。

肉や魚はゆでたり蒸したりすると脂肪分を減らすことが出来ます。野菜はかさが減って沢山食べる事ができます。

素材の栄養を逃がさずおいしく食べるためにはゆで物はたっぷりのお湯を充分にたたててから、蒸し物は蒸気が立ってから素材を要れ短時間で火を通すことがポイントです。

たれを工夫する事でたんぱくな味に変化が付けられます。


焼く料理では樹脂加工のフライパンやホットプレートを使うと脂が抑えられます。網焼きは肉や魚の脂を落とせるのでお奨めできる調理法法です。

煮る料理では調味料を控えめにして浮いた脂肪を丁寧に掬い取る事でエネルギーが抑えられます。


料理で脂の使い方はエネルギーを抑えるポイントになります。

脂は材料に独特の風味やコクをオ耐える美味しさの主役でもありある程度は体に必要なものです。

使い方を工夫して余計な脂を減らして油を使った料理を楽しめるようにしましょう。


揚げ物は衣や材料の切り方、揚げ方で吸収量が大きく違ってきます。なるべく余計に脂を使わない作り方を知っておきましょう。

出来合いの惣菜料理や冷凍食品の揚げ物は衣が厚く脂が多くなりがちなので自家製にしましょう。

炒め物などは電子レンジやオーブンなど油なしで調理できる機器を利用して仕上げに脂をたらす方法もあります。


病気が起こる前に肥満解消に取り組みましょう。


ダイエットの素朴な疑問






ページのTOPに戻る

ダイエットの基礎知識
 ・肥満の状態
 ・あなたの標準体重
 ・肥満の判定
 ・肥満のタイプ
 ・体脂肪とは

肥満と生活習慣
 ・肥満と生活習慣病
 ・内臓脂肪型肥満
 ・肥満症と治療

肥満と病気
 ・肥満と糖尿病
 ・肥満と高脂血症
 ・肥満と脂肪肝
 ・肥満と高血圧
 ・肥満と動脈硬化

肥満の原因
 ・肥満の原因
 ・エネルギーの消費
 ・食事内容と食べ方
 ・朝食とまとめ食い
 ・ストレスと肥満
 ・お酒と肥満
 ・生活と運動量
 ・肥満と生活習慣

ダイエット計画
 ・ダイエットの目的
 ・無理のない計画
 ・食事と運動
 ・太りにくい生活習慣
 ・ダイエット継続のコツ
 ・体重が減らないとき
 ・間違いダイエット

運動とダイエット
 ・運動の効果
 ・ダイエットの運動
 ・運動の量
 ・生活と運動
 ・運動と健康状態
 
食事とダイエット
 ・食事の基本
 ・栄養とダイエット
 ・食べ物選びのコツ
 ・料理方法とエネルギー
 ・料理のかさまし
 ・食事のリズム
 ・晩酌とダイエット

ダイエット体験
 ・夕食キャベツダイエット体験

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報

豆乳クッキーで朝食ダイエット
時間の無い時でも簡単に食べる事が出来るので朝食にぴったりのダイエット食品です。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。