減らせ内臓脂肪!>基礎代謝と物質代謝
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

基礎代謝と物質代謝

基礎代謝量【RMB】
生体が安静時に生命維持のみに必要な最低限のエネルギーが基礎代謝量です。目覚めている状態で命を維持する心臓、呼吸、腎臓、体温や筋肉の維持などのための必要最小限のエネルギー消費量です。

成人の1日あたりの基礎代謝量は男性で1400キロカロリー〜1600キロカロリー、女性で1200キロカロリー〜1400キロカロリーになります。

基礎代謝量は性別、年齢、体格、人種などで異なりますが同性、同年齢なら体表面積にほぼ比例します。

同じ体重でも筋肉量が多く、体脂肪率の低い人のほうが基礎代謝量が高くなります。

物質代謝
体の外から摂りいれた物質を化学変化させて体の組織の成分にして不要になった成分をほかの物質に変化させて体の外に排出することであり新陳代謝または代謝といいます。


炭水化物の代謝
炭水化物はブドウ糖として吸収されグリコーゲンに合成されて肝細胞、筋肉に蓄えられます。筋肉や組織が活動するためにエネルギーが必要になるとグリコーゲンはブドウ糖に分解され炭酸ガスと水になるに伴いエネルギーが放出されます。

タンパク質の代謝
タンパク質はアミノ酸に分解されて腸で吸収され肝臓に運ばれます。肝臓で再びタンパク質に合成されて体組織構成の材料になります。

脂肪の代謝
脂肪は脂肪酸とグリセリンになって吸収され中性脂肪に合成されて皮下や筋肉組織の間に蓄積されていきます。必要に応じて分解されエネルギー源となります。





ページのTOPに戻る

脂肪の基礎知識
内臓脂肪の基礎知識
内臓脂肪と生活習慣
怖い内臓脂肪
内臓脂肪とメタボリックシンドローム
減らせ内臓脂肪
中性脂肪情報
動脈硬化情報
健康情報



ココナッツオイルサプリメント
ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸が余分な脂肪分解を助けて内臓脂肪を徐々に減らしていきます。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。