減らせ内臓脂肪!脂肪の基礎知識>脂肪の蓄積
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

脂肪の蓄積

食べ物が体の中に入ると、臓器や器官で様々な栄養素が吸収されていきます。

ご飯やパン、麺類などの穀物、イモ類、果物、砂糖などに含まれる炭水化物は体の中でブドウ糖になり肝臓から血液中に送られエネルギー源となります。

血液中のブドウ糖の量が多くなると膵臓からインスリンと言うホルモンが分泌されます。

インスリンはブドウ糖を体内の細胞に取り込みエネルギーとしてエネルギーとして活用するように働きます。

あまったブドウ糖を中性脂肪に変えて脂肪細胞に取り込みエネルギー源として溜め込むのもインスリンの働きです。


体の中に入るエネルギーと燃焼するエネルギーがバランスよく行われているときは問題ありません。

食べ過ぎでエネルギーが沢山体に入ってくる、運動不足でエネルギーが使われない状態が続くと、使われないエネルギーは体に溜め込まれていきます。

食べすぎ、運動不足は、インスリンの効きめを悪くするので体脂肪の蓄積に拍車をかけると言われています。






ページのTOPに戻る

脂肪の基礎知識
 ・体の中にある脂肪
 ・脂肪と歴史
 ・脂肪の役割
 ・食べ物の脂肪は必要
 ・脂肪の蓄積
 ・肥満のタイプ
 ・カロリーについて


脂肪の基礎知識
内臓脂肪の基礎知識
内臓脂肪と生活習慣
怖い内臓脂肪
内臓脂肪とメタボリックシンドローム
減らせ内臓脂肪
中性脂肪情報
動脈硬化情報
健康情報

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。