減らせ内臓脂肪!コレステロールの情報>コレステロールの役目
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

コレステロールの役目

コレステロールの役割には大きく分けて3つあり、細胞の構成材料、ホルモンの材料、胆汁酸の材料です。

 コレステロール3つの役割

コレステロールは細胞膜の構成成分になっています。私たちの体には60兆の細胞があり、細胞の膜をコレステロールの2重の膜が形作っています。

コレステロールは、副腎皮質刺激ホルモンや性ホルモンの材料になります。いずれも心身を活性化させるのに必要なホルモンです。

コレステロールは胆汁酸の材料になります。胆汁酸は消化液である胆汁の主成分になり肝臓で作られます。


コレステロールは、増えすぎると体によくありません。しかしコレステロールは体にとって必要な物であることを覚えておく事が大切です。




ページのTOPに戻る

コレステロール情報
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・コレステロールと脂質
 ・善と悪のコレステロール
 ・血液の中の脂質

スポンサードリンク





コレステロール改善
コレステロール改善商品を紹介。

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。