減らせ内臓脂肪!肥満のタイプ>洋ナシ型肥満
内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

洋ナシ型肥満

私達の体は、体型や生活習慣、体質などで脂肪の付く場所が異なります。脂肪の付く場所で肥満のタイプを分ける事が出来ます。


 洋ナシ型肥満
下半身を中心に脂肪が付くタイプで、皮下脂肪型肥満と言われています。

洋ナシ型肥満(皮下脂肪型)は、お尻、下腹、太ももなど下半身を中心に脂肪がつき、女性に多く見られる太り方というのが特徴。

女性に多く見られる肥満のタイプで、下半身デブなどと言われる事もあります。

皮下脂肪は妊娠や出産時のエネルギー源となるため、あまり減らしすぎても危険ですが、皮下脂肪が蓄積されて代謝されないままでいると、セルライトができやすくなるので注意が必要です。

脂肪は皮下脂肪が付く事が多く、りんご型肥満に比べると比較的生活習慣病の心配は少ないと言えます。

肥満には変わりないので注意は必要です。

洋ナシ型肥満(皮下脂肪型)の脂肪は内臓脂肪に比べると代謝が悪いので、どちらかというと分解されにくい性質を持っています。

外見的に肥満体型が目立ちやすいという困った特徴もあります。

しかし、皮膚のすぐ下にある脂肪は外からの刺激を加えやすいため、マッサージで血行を促すと同時に、運動と食事制限を続ければ徐々に効果が現れます。

具体的な方法としては、運動は有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)を組み合わせて行うのがより効果的です。





ページのTOPに戻る

スポンサードリンク



肥満のタイプ
 ・りんご型肥満
 ・洋ナシ型肥満
 ・隠れ肥満

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。