減らせ内臓脂肪!健康管理のために>内臓脂肪
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール

内臓脂肪

皮膚のすぐ下につくのが皮下脂肪で、内臓の周りにつくのが内臓脂肪です。



内臓脂肪は目に見える形で分からない内臓の部分につくので見た目には痩せていてもそれは皮下脂肪がついていないだけで、内臓脂肪がついているという人もいます。

内臓脂肪は、お腹まわりの筋肉(腹筋)と内臓の間につきます。そのため、外からではわかりずらく内臓脂肪がついているかどうかはCTスキャンなどで断面映像をチェックするかし方法はありません。

普段はウェストサイズで判断するぐらいしかチェック方法はなさそうです。


内臓脂肪は、筋肉を動かすエネルギーとして使われるので脂肪酸の出し入れがしやすく、代謝が活発です。

内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、運動などである程度までは楽に落とすことができるということになります。

男性と女性では、筋肉が男性の方が多い体質になるので、体脂肪率が同じ男性と女性であれば、男性の方が女性より内臓脂肪が多くついているということになります。

男性が中年を迎えるとお腹周りが出てくるというのは、このせいなのです。

男性の場合ウェストサイズが85cm以上、女性の場合は90cm以上あれば、内臓脂肪が多い可能性があるので注意しましょう。





ページのTOPに戻る


Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。