減らせ内臓脂肪!内臓脂肪の基礎知識>代謝と内臓脂肪燃焼
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

代謝と内臓脂肪燃焼

脂肪の蓄積を左右するのが代謝量です。


食事から取ったエネルギーを燃やす力が強い状態を代謝が高いといい、エネルギーを燃やす力が弱い状態を代謝が低いと言います。

代謝は、基礎代謝、生活活動代謝、食事誘導性熱代謝に別れ、最もエネルギーを使うのが基礎代謝です。


基礎代謝は、呼吸をしたり血液が循環する時にも消費され寝ている間でも確実に行われます。


基礎代謝は15歳前後でピークを向かえ、その後は徐々に低下していきます。

ピークの時と50歳前後の基礎代謝量を比べると1日で200キロカロリーも低下します。

歳をとると基礎代謝量が低下し、脂肪の燃焼が少なくなると言えます。


歳をとり基礎代謝量が落ちているのに以前と同じように食事を行うと、エネルギーは使われる事無く体の中にたくわえられていくことになります。




ページのTOPに戻る

内臓脂肪の基礎知識
 ・内臓脂肪とは
 ・生活習慣と内臓脂肪
 ・内臓脂肪を貯める生活
 ・代謝と内臓脂肪燃焼
 ・ダイエットと内臓脂肪
 ・内臓脂肪と病気
 ・内臓脂肪とメタボリック


スポンサードリンク



内臓脂肪と病気
 ・脂肪肝
 ・痛風
 ・急性膵炎
 ・腰痛、肩こり

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。