減らせ内臓脂肪!内臓脂肪の基礎知識>ダイエットと内臓脂肪
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

ダイエットと内臓脂肪

間違ったダイエットでは内臓脂肪が増えてしまうことがあります。

食事の量を減らし運動を行うことで体重は減少します。

ほとんどの場合 ダイエット開始後 に減るのは脂肪ではなく水分や筋肉です。

水分は簡単になくなりますが、その後もエネルギーが不足すると代謝が多くエネルギーを沢山必要とする筋肉を減らしていきます。

脂肪はなかなか萌えてくれません。


筋肉が少なくなると、体の代謝量がおちエネルギーの消費も減少します。

筋肉の低下で代謝量が少なくなり、体重が落ちにくくなります。コレが ダイエット の途中で現れる停滞期と言います。


停滞期にダイエットを断念すると、脂肪のたまりやすい体になります。 


停滞期にダイエットを断念するとリバウンドが起こり体重が増えていきます。増えていく体重は脂肪と言う事が問題です。

ダイエットで落ちた筋肉がリバウンドで脂肪に変わることで代謝量が少なくなり、やせにくい体になっていきます。


ダイエットで大事な事は体重を落とす事ではなく、筋肉をつけ代謝量を増やス事が大切です。

筋肉が増えれば、代謝量が増え、エネルギーをどんどん使っていき太りにくい体になるからです。






今は太ってしまう生活環境です
太りやすい人は体に脂肪をためやすい人です。昔なら飢餓に打ち勝ちやすい優れた体ですが現代では優れた体とは言い難くなっています。

痩せる前に太る理由を理解しましょう
太る理由は食べ過ぎです。生活で使うエネルギーよりも食べたエネルギーが多くなれば太ります。


ページのTOPに戻る

内臓脂肪の基礎知識
 ・内臓脂肪とは
 ・生活習慣と内臓脂肪
 ・内臓脂肪を貯める生活
 ・代謝と内臓脂肪燃焼
 ・ダイエットと内臓脂肪
 ・内臓脂肪と病気
 ・内臓脂肪とメタボリック


内臓脂肪と病気
 ・脂肪肝
 ・痛風
 ・急性膵炎
 ・腰痛、肩こり

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。