減らせ内臓脂肪!内臓脂肪の基礎知識>内臓脂肪と病気
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

内臓脂肪と病気

内臓脂肪は皮下脂肪に比べて生活習慣病にかかる危険性を高めています。

内臓脂肪が蓄積しているのは内臓の周りや腸間膜の間には血管が集中しているので内臓脂肪のだす生理活性物質の影響を受けやすいからと考えられています。


内臓脂肪が引き起こす生活習慣病として、高血圧、糖尿病、動脈硬化などがあります。

高血圧や動脈硬化はそのことが問題にはなりませんが、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、脳出血や脳梗塞などの脳卒中など命にかかわる生活習慣病を引き起こす原因になる事が問題です。


内臓脂肪が多い状態は中性脂肪コレステロールが多い状態が考えられるため血液中の資質が高い高脂血症になる危険性が高くなります。

善玉コレステロールが減少する事で動脈硬化を進める事につながります。

内臓脂肪は生活習慣病の引き金になる事が考えられるので注意が必要です。




ページのTOPに戻る

内臓脂肪の基礎知識
 ・内臓脂肪とは
 ・生活習慣と内臓脂肪
 ・内臓脂肪を貯める生活
 ・代謝と内臓脂肪燃焼
 ・ダイエットと内臓脂肪
 ・内臓脂肪と病気
 ・内臓脂肪とメタボリック


スポンサードリンク



内臓脂肪と病気
 ・脂肪肝
 ・痛風
 ・急性膵炎
 ・腰痛、肩こり

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。