減らせ内臓脂肪!内臓脂肪と生活習慣>脂質の取り過ぎに注意
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

脂質の取り過ぎに注意

内臓脂肪をためないために重要な事は脂質を取り過ぎないことです。

脂質のエネルギー量は1グラムで9キロカロリーと、・たんぱく質炭水化物のエネルギーの倍以上になります。

脂質の取り過ぎは、エネルギー過多になるので体脂肪、とくに内臓脂肪の蓄積を促してしまいます。


私達の食生活は欧米化が進み、脂質の摂取量も急激に増えています。

資質の中でもとくに注意が必要なのが動物性の脂質です。

牛や豚の肉などに含まれる脂質は中性脂肪や悪玉コレステロールを増やし動脈硬化を促進する元になると考えられています。



高タンパク食は痩せやすいのか
三大栄養素には、長所と短所があります。都合よく長所だけ引き出すことができればよいのですが、完璧な栄養管理を行う一流のスポーツ選手でもない限りあまり現実的ではありません。





簡単にできる有酸素運動は自転車です
ダイエットや減量をするときに始める運動は有酸素運動です。毎日1万歩歩く、ジョギングで汗を流す、水泳は怪我をしないのでオススメ。有酸素運動にもいろいろありますが、手軽にできるのが自転車です。

果物も食べ過ぎると太ります
果物はどれだけ食べても太らないと思いがちですが、果物には果糖が含まれているので食べ過ぎると太ります。

ページのTOPに戻る

内臓脂肪と生活習慣
 ・内臓脂肪と過食
 ・脂質の取り過ぎに注意
 ・糖質の取り過ぎに注意
 ・内臓脂肪と運動不足
 ・お酒と内臓脂肪
 ・加齢と内臓脂肪

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。