減らせ内臓脂肪!怖い内臓脂肪>脂肪細胞の働き
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

脂肪細胞の働き

体の中の脂肪には中性脂肪、コレステロール、脂肪酸、リン脂質があり体にたまる脂肪のほとんどは中性脂肪です。


中性脂肪をためこんだのが脂肪細胞とよばれています。

以前では、脂肪細胞は中性脂肪を溜め込むだけと考えられてきましたが、現在の研究では脂肪細胞は中性脂肪を溜め込み体の代謝を調整する物質を何種類も分泌していると考えられています。

脂肪細胞から分泌される生理活性物質は100種類以上と言われています。

その中で、アディポネクチンは血管の修復を行い動脈硬化を防ぐ物質といわれています。


しかし、アディポネクチン以外の生理活性物質は動脈硬化を悪化させるものばかりと考えられています。


脂肪細胞からは善玉、悪玉の生理活性物質が同時に分泌されています。

肥満で内臓脂肪が増えると、アディポネクチンも増えそうですが、逆に減っています。

特にBMIが高いほどアディポネクチンが減り、悪玉の生理活性物質が増えています。







ページのTOPに戻る

怖い内臓脂肪
 ・肥満は万病の元
 ・脂肪細胞の働き
 ・内臓脂肪と動脈硬化
 ・血糖値と内臓脂肪
 ・内臓脂肪と高血圧
 ・内臓脂肪と高脂血症
 ・内臓脂肪と痛風
 ・内臓脂肪と脂肪肝


脂肪の基礎知識
内臓脂肪の基礎知識
内臓脂肪と生活習慣
怖い内臓脂肪
内臓脂肪とメタボリックシンドローム
減らせ内臓脂肪
中性脂肪情報
動脈硬化情報
健康情報
内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。