減らせ内臓脂肪!怖い内臓脂肪>内臓脂肪と痛風
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

内臓脂肪と痛風

痛風は肥満の人がなりやすい病気で、内臓脂肪型肥満の人も痛風になる可能性があります。


血液中の尿酸が増えるのが高尿酸血症です。

高尿酸血症が進行すると尿酸が血液に溶けきれなくなり結晶を作り関節にたまりやすくなります。

結晶は針状の形になっているので関節の神経を刺激し痛みを伴います。


血液中の白血球も攻撃を加えるので結果として関節に炎症が起こり晴れや激痛を起こします。

このような症状を痛風と呼んでいます。



 高尿酸血症

高尿酸血症を調べるには血液検査を行います。血液中の尿酸の量を測ることで解かります。

尿酸値が8.0ミリグラム/デシリットル以上になると痛風の症状が現れ始めます。


高尿酸血症はBMI値が高くなると極端に増えます。

皮下脂肪型肥満よりも内臓脂肪型肥満のほうが発祥しやすいとみられています。

これはインスリン抵抗性が尿酸値があがる事に関係していると考えられているからです。


30代〜50代の男性に多いのも特徴で発祥は30代がピークになっています。


高尿酸血症の改善は内臓脂肪を減らす事です。

尿酸を作り出すプリン体はビールに多く含まれている事が知られており、アルコール自体に尿酸値を上げる作用があるのでお酒は控えめにしておくことが件名です。









ページのTOPに戻る

怖い内臓脂肪
 ・肥満は万病の元
 ・脂肪細胞の働き
 ・内臓脂肪と動脈硬化
 ・血糖値と内臓脂肪
 ・内臓脂肪と高血圧
 ・内臓脂肪と高脂血症
 ・内臓脂肪と痛風
 ・内臓脂肪と脂肪肝


脂肪の基礎知識
内臓脂肪の基礎知識
内臓脂肪と生活習慣
怖い内臓脂肪
内臓脂肪とメタボリックシンドローム
減らせ内臓脂肪
中性脂肪情報
動脈硬化情報
健康情報
内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。