減らせ内臓脂肪!>自律神経失調症と低血圧

自律神経失調症と低血圧

自律神経失調症でも低血圧は起こります。


自律神経失調症とは
自律神経失調症とは、なんとなく調子が悪い病気ととらえられています。

自律神経失調症では、疲労感、めまい、食欲不振、便秘、下痢、動悸、頻尿などの体の症状から、イライラ感、不安感、無気力、集中力の低下などの精神症状までが出ることがあります。

自律神経失調症の症状は生活リズムが乱れたりストレスなどにより体の色々な機能を調節している自律神経の働きが不安定になるために起こります。


自律神経失調症と低血圧
低血圧も自律神経失調症のなかの症状の一つですが、本能性低血圧のようにいつでも血圧が低いわけではありません。

自律神経は血圧をコントロールしているので働きが不安定になれば血圧も高くなったり低くなったりします。

血圧が低くなっている時には低血圧の症状が出ることがあります。

自律神経失調症で低血圧の症状が出ているときでも本能性低血圧と同様に生活習慣を改善する事で症状はよくなります。


   

ページのTOPに戻る
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。